入れ歯治療

  1. トップページ
  2. 入れ歯治療

入れ歯治療

当院には、入れ歯で様々なお悩みをお持ちの患者様がいらっしゃいます。
「入れ歯が痛い」
「うまく噛めない」
「見た目が気になる」
など、なるべく最良の治療を行い悩みを解決して行きます。
最高の治療を追求するので、場合によっては自費診療になる場合もあります。
患者様のご要望には柔軟に対応させていただきますので、遠慮なくおっしゃってください

患者様に合った入れ歯を作るために

よく噛める入れ歯は、噛み合わせを重視した治療から生まれます

当院では入れ歯を含むすべての治療において、噛み合わせを重視した治療を行っています。
噛み合わせをきちんと改善しなければ入れ歯治療の効果が期待できないケースがあるのです。
また、悪い噛み合わせは、歯の表面のエナメル質を傷つけ、虫歯の原因になります。

咬合器は入れ歯や詰め物の製作にも活躍します

入れ歯を作るとき、噛み合わせを診断するための咬合器を使うこともございます。
フェイスボウという器具で測定した噛み合わせの精密なデータに従って咬合器に模型を取り付け、そこから詰め物や入れ歯を作ります。
そうすると患者さんのお口にぴったりと合った詰め物を作ることができます。
また、咬合器を使用することで、審美性も向上します。

また、咬合器を使用することで治療の精度を高めることができます。
特に前歯は口を開けた時に一番目立つので、咬合器を使用して見た目の美しさを考慮しながら形を調整することが重要です。

患者さんの歯の形を咬合器に装着し、全体のバランスを見ることで、お口全体によく馴染み、違和感のない美しい入れ歯を作ることができます。
当院が目指す「咬合を含めた口腔内全体をトータルで考える治療」により、美しさと機能性の両方が長持ちする治療を完成させることができるのです。

「患者様の状態をよく把握し、患者さんに合った入れ歯を作る」

当院では、患者さまのニーズやライフスタイルに合わせたオーダーメイドの入れ歯を提供しています。
例えば、「天然の歯のような見た目と使い心地の入れ歯を使いたい」という患者様には、安定性·快適性に優れたノンクラスプデンチャーをご提案しています。
「こんなに合う入れ歯ができるのなら、もっと早くお願いすればよかった」とおっしゃる患者さんがとても多いです。

ノンメタルクラスプデンチャーのメリット

1 ワイヤーフリーの【見た目が美しい】入れ歯

入れ歯を使っていることを他人に気づかれたくないというのは、誰もが思うことではないでしょうか?
入れ歯の見た目に関する悩みの多くは、入れ歯を固定するために使用するワイヤーが関係していると言われています。
当院で取り扱っているノンメタルクラスプデンチャーは、特殊な樹脂を使用し、ワイヤーを使用しないことで、他の人に気づかれない審美性に優れた入れ歯となっています。

2耐久性が高く、丈夫な入れ歯

通常、入れ歯のピンク色の部分は「床」と呼ばれ、硬い素材でできているため、衝撃で割れてしまうことがよくあります。
しかし、ノンメタルクラスプデンチャーに使用されている樹脂は弾力性があり、耐久性に優れているため、衝撃による破損の心配が少ないです。
長期間使用することもできます。
また、弾力性があるため、義歯を支える歯への負担が軽減されるため、健康的な義歯といえます。

3違和感が少ない

ワイヤーを使用しないため、非常に軽量に仕上げることができます。
また、弾力性に優れているため、お口にフィットしやすい義歯です。
さらに、保険適用の入れ歯の1/2程度の重さです。
このノンメタルクラスプデンチャーの特徴から、入れ歯の違和感が軽減され、快適な入れ歯が実現します。

4生体親和性の高い安全な素材を使用

ノンメタルクラスプデンチャーの樹脂はポリアミド樹脂。
欧米を中心に世界30カ国以上で使用されている信頼性の高い素材です。
通常の金属を使用しないため、アレルギーの心配もなく、生体親和性の高い義歯と言えます。

合わない総入れ歯を使い続けていませんか?

当院では総入れ歯を作るときには無圧印象を採用しています

総入れ歯の型取りには、無圧印象と加圧印象の2つの方法があります。
総入れ歯を作る時は天然の歯がない場合や、一から義歯を装着する場合は、初期の段階で基本模型が必要なので、無圧印象にします。

総入れ歯は、舌と頬と唇の間で「邪魔にならない」=「違和感を感じない」ことが大切です。
一般的な加圧印象では、必要以上に粘膜を横や下に押してしまい、大きく違和感のある形の総入れ歯になってしまいます。
また、術者の技量、成形粘土の初期硬度、保持力によって、毎回かなり異なった形状になってしまう場合もあります。
押せば形が変わる粘膜の型を取らなければならないのも、総入れ歯を作るのが難しい理由の一つです。

当院で採用している無圧印象は
「入れ歯を入れる空間を記録し、口腔内から取り出して再現する」
「模型を起点に咬み合わせを記録する装置を製作する」
ことで行われます。
無圧印象は「型取りのたびに違うモデルができてしまう」という再現性の低い従来の方法の改善につながります。
「痛くない·噛める義歯」のためには、無圧印象で正確な型取りを行うことが大切です。

天然の歯に最大限近づける入れ歯治療

お口の健康は幸せな人生に直結します。
入れ歯を装着したときの見た目や感触を最大限に天然の歯に近づけるためには現代歯科医療の技術の粋を惜しみなく使うことが大切です。
患者さんの年齢や残っている歯の本数によってもどの入れ歯を選ぶかという選択肢が変わってきますので、しっかりと比較した上で検討することが大切です。

毎日の食事や会話、長く使う歯はとても大切なので、自分に合った入れ歯を選びましょう。

京橋歯科医院

〒東京都中央区京橋1-6-12 NS京橋ビル1F

各種保険取扱

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • インプラント治療
  • 予防歯科

歯科ドック

  • 細菌検査
  • だ液緩衝能検査
  • 歯周検査
  • 虫歯検査
  • 顎関節の検査
  • 口腔内の粘膜の検査
診療日・休診日
10:00~19:00 -
休診日
  • 土曜・日曜・祝日

自由診療について

インプラント治療

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。

施術の価格

インプラント埋入施術

220,000円(税込)〜440,000円(税込) (※治療内容によって異なります。)

施術のリスク・副作用

インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。

審美歯科治療

審美歯科治療とは、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの回復は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主な治療として、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる修復治療と、表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。様々な目的・処置方法がございますので、審美歯科治療にかかる治療費は、治療法により大きく異なります。

施術の価格

10,000円(税込)〜275,000円(税込) (※治療内容によって異なります。)

施術のリスク・副作用
【ホワイトニング】
ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
【オールセラミッククラウン】
金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
【セラミックインレー】
部分的に削った箇所に装着するため、歯を削る量が比較的多くなります。
【ラミネートベニア】
強い力のかかる臼歯部などに装着すると、割れる場合があります。
【メタルセラミッククラウン】
金属を全く使用しないオールセラミックと比べると、見た目はやや劣ります。
また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。
  • 銀座線京橋駅6番出口から徒歩2
  • 浅草線宝町駅A7出口から徒歩2
  • JR東京駅八重洲口から徒歩5

医院アクセスを詳しく見る

京橋歯科医院