当医院の設備について

設備紹介

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

根管治療(歯の神経を抜く治療や、再感染を起こした歯の根の治療)に用います。
また、セラミックやジルコニア、ゴールドなどの精密なかぶせものを装着する為に歯の形を整える際にも使用します。患部を拡大することにより精密な治療を行うことができます。

ストローマン社製インプラント

根管治療(インプラントは骨の中にチタンのねじを埋め込む治療です。
当院では世界シェアNo. 1のストローマン社の製品を導入しています。
実績がありますので安心して手術を受けて頂けます。

大口式インプラント

当院のインプラントは大口式インプラントという安全度の高い器具を使って手術を行います。
通常骨にドリルで穴を開けて歯科用のねじを骨に埋め込みますが、大口式インプラントでは細い針を用いて骨に穴を開け、次第に太い針に変えることで穴を押し広げる為、骨への負担が少なく安全です。

根幹拡大用ハンドピース

歯の神経を抜く治療や再感染を起こした歯の根の治療には歯科用の金属のやすりを用います。しかし歯の根の形状には個人差があり、直線ではありません。当院ではデンツプライシロナ社のsmart IQという根管拡大用ハンドピースとニッケルチタンという歯の根の形状に沿って曲がる金属のやすりを使い、再感染の確率を少しでも下げられるような治療を行っております。
その際にはマイクロスコープという歯科用顕微鏡が必要なのは言うまでもありません。

歯科用拡大鏡

マイクロスコープが使用できない場合に使用します。患部を拡大することにより精密な治療を行います。

電動麻酔器

細い針を用いて電子制御された器具を使う為、麻酔の際の痛みを極力取り除いています。なお、麻酔の際には針を刺す歯茎の部分に予め塗るタイプの麻酔を使う為、痛みを感じにくい様に工夫しています。

ラバーダム

歯の根の治療は出来るだけ無菌状態で行うことが良いとされています。
ラバーダムという器具を使い、口の中にゴムのシートでダムを作ることにより、歯の根に細菌が入るのを防ぎ、虫歯の再発を防ぎます。

5倍速ハンドピース

通常の歯科用のモーターは汚染された液体を吸い込むことがあり、使用の度に滅菌して使用します。
5倍速ハンドピースは液体を吸い込むことがないので、衛生的な治療を行うことが出来ます。

ペリオナビゲーション

歯周検査の際に音声入力タイプのシステムを使っています。筆記具を触った手で口の中を触るのはとても不衛生ですが、当院ではペリオナビゲーションを使い衛生的な検査を行っております。
また、このシステムはデータを記録しており、患者さんの口内の状態がどのように改善したかの推移を見ることができ、具体的な歯科指導を行うことができます。

症例毎必要に応じて使用致します。